カネカ
>
パッサーモ

 

パッサーモ

 カネカ 潜熱蓄熱材 PATTHERMO®(パッサーモ) は、当社の蓄熱材の 配合技術により融解温度が約‐50℃~+50 までの温度領域にて、潜熱を発揮することを意図して設計されています。一般的に、蓄熱材とは、文字通り「熱を蓄える材料」のことであり、当社の潜熱蓄熱材は固体・液体間で相変化する際に大きな熱エネルギー(潜熱)の授受を行います。

 このような相変化物質は、一般的にPhase Change Materialの頭文字を取りPCM(ピーシーエム)とも呼ばれています。また、0℃より高い温度領域に融解温度がある相変化物質を「蓄熱材」、

0℃以下の温度領域に融解温度がある相変化物質を「蓄冷材」や「保冷剤」とわけて呼ぶこともあります。

 当社のPATTHERMO®(パッサーモ) は、発泡ポリスチレン等で成型された断熱容器と組み合わせることで、医薬品、医療機器、試薬、化学品、精密機器、細胞等様々な製品の物流資材「TACPack®(タックパック )」として用いられているばかりでなく、輸送以外の用途でもご使用いただいております。 

 

カネカ 潜熱蓄熱材 PATTHERMO®(パッサーモ)のラインアップ

 

 

 TACPack®(タックパック)について

 

 

 TACPack®(タックパック)は、カネカグループの玉井化成㈱の商品名です。TACPack®(タックパック)は断熱容器により外気からの熱流入を小さくし、更に断熱容器内に搭載したPATTHERMO®(パッサーモ)が移動した熱エネルギーを授受し断熱容器内の温度を一定時間、定めた温度領域を保持することを意図して設計されています(パッケージ内熱流入及び抑制簡易図参照)

 玉井化成㈱は、-40℃以下、-20℃以下、2-8℃、15-25℃、35-38℃のTACPack®(タックパック)をラインアップしています。当社は-50℃~+50℃までのPATTHERMO®(パッサーモ)を潜熱蓄熱材としてご用意していますので、断熱容器と組み合わせることで、お客様のニーズに沿った定温輸送パッケージのご相談にも対応可能です。

 

  下図は、TACPack®(タックパック)の社内試験結果の抜粋です。 

25℃環境下で2-8℃(TACPack®内)を                       84時間維持

 

5℃環境下で15-25℃(TACPack®内)を    160時間維持

※上記は当社の代表的ラインアップ製品の当社実測データです

 

 カネカグループは、断熱容器、潜熱蓄熱材の一貫した製造体制と豊富なパッケージ設計ノウハウを活用することで、様々な定温輸送パッケージソリューションを提供致します。  

 〈定温輸送パッケージ設計フロー〉

 

 また、PIC/S GDPにおけるバリデーションに対応した提案並びにクオリフィケーションに対応可能です。

 

 PIC/SPharmaceutical Inspection Convention and Pharmaceutical Inspection Co-operation Scheme

 :医薬品査察協定及び医薬品査察共同スキーム

GDPGood Distribution Practice):医薬品の適正流通基準

 

 

定温輸送パッケージ TACPack®(タックパック)の商品カタログは『こちら』へ*外部サイトヘ移動します

潜熱蓄熱材、定温輸送パッケージソリューションに関する問い合わせは『こちら』へ

 

 

カネカ 潜熱蓄熱材 PATTHERMO®(パッサーモ)製品ラインアップ

 

 *Fシリーズは、Pシリーズに比べて約2倍の潜熱量を有します

NO. 融点(℃) グレード   NO. 融点(℃) グレード
Pシリーズ Fシリーズ
約3 F3 約マイナス2℃ CV-2
約5 P5 F5 2 約マイナス5℃ CV-5

約10

P10 F10 3 約マイナス10℃ CV-10
約15 P15 F15 4 約マイナス20℃ CV-20
約20 P20 F20 5 約マイナス25℃ CV-25
約25 P25 F25 6 約マイナス27℃ CV-30
約30 P30 7 約マイナス50℃ CV-50
約35 P35 F35
約37 F37
10 約40 P40
11 約50 P50

 

 

(免責)

当社は、本ウェブサイトの記載内容のいかんを問わず、本製品の性能および品質を保証しません。また、本製品の取引は、現状有姿による売買であり、本製品に不適合、不完全その他の瑕疵(隠れた瑕疵を含む)があった場合でも、なんら責任は負いません。